F2Dx1

F2Dx1がおすすめ-sdカードのvhd化では不満な方に
安くておすすすめ

みなさん。最近いかがですかね。面白かったらこの安くておすすすめを拡散してくださいね。私は九郎丸と言って、簡単に自己紹介すると趣味はインターネットで色々調べて安くておすすめなものをまとめることです。

今回の記事ではF2Dx1基礎的なことやおすすめの理由のことを中心に書いていきますね。割と詳細にまとめたので是非読んでいただきたいです。

F2Dx1がおすすめな理由

F2Dx1を九郎丸が推奨するにも理由があるのです。あなたにこのF2Dx1をおすすめする理由は、SDカードをローカルディスク化できる稀少なソフトだからということがポイントです。

SDカードハードディスク化ドライバについてもそのメリットは1クリックでローカルディスク化できることと言えるのでそれと比較しても、F2Dx1ならさらに余剰メモリをキャッシュにして高速化できるのもその一つです。

そんなわけで1クリックでローカルディスク化できることであなたの人生にメリットがあるなら九郎丸の主観ですけど、F2Dx1を試して損はないかと…。

今日は、低速CPU搭載のPCをSSD換装した時に確認しておきたい設定を一つご報告します。

まずどのくらい低速かと言いますと、
「Intel Celeron D 336 2.80GHz」
です。かなり前(10年近く)のPCですから、やむを得ません。

このPCにはWindowsXPサポート終了に伴い、別途ライセンスを用意しWindows7をクリーンインストールしてかれこれ2年弱稼働させていたのですが、搭載されていたHDD容量が40GBなので、さすがに容量不足で動作不良が目立つようになってきました。
換装は現実的な解決策ですが、容量を増強するにしても80GB程度あれば十分なので、このPCではSSDに換装することになりました。
無事SSD換装が完了したのですが、CPUが弱点となって、Windows Updateやウィルス対策ソフトのアップデート&定期スキャン、といった一般的なメンテナンス系のタスクですぐにCPU使用率が100%に達してしまい、動作が鈍くなってしまいます。

低速CPU搭載PCでSSD換装時に確認しておきたい設定の一つ

F2Dx1の詳細

■リムーバブルメディアをハードディスクの増設装置にします
これで不足するハードディスク容量問題からおさらばです。ハードディスクにしかバックアップできない各種アプリを増設ディスクにインストールできます。

※SDIO規格のSDスロッ トには使用できません、注意ください。SDIO とはWiFiなどを内蔵可能なSDカードの仕様です。SDIOの確認はPCの製品カタログを確認するか、本製品の試用版に て動作確認のうえ購入を検討ください。

■従来不可能であったシステムバックアップをカードスロットに実現します
もちろんWindows標準のシステムバックアップもこのSD・CFカードに可能とします。
増設の困難なノートPCの内蔵カードスロットをバックアップ先にします。

このようになってます。公式サイトの説明を読むと商品の特性がよくわかりますね。私も購入前はじっくり読むようにしています。つづいてはF2Dx1のみんなの意見も見ていきます。

ツイッターのみんなの意見

口コミ

F2Dx1は価格も安めなのでおすすめです。2000円弱で売ってたら買いですね。

以上で説明は終了です。気になるようでしたらこちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)